夏合宿の思ひ出(一部)

残炎の候(以下略)。

法政ポケサーの最強決定戦(ダブル)に出場している「れいな」ことりなんちゃら(ポケサー用のHNとかない)です。
ちなみに、「れいな」はただのトレーナーネームです。本名とは何の関係もありません><

夏合宿やりましたよ。
そもそも、ポケモンサークルに夏合宿は必要なのだろうか、いやそんなことはない。

広告出てたし、そろそろ記憶が曖昧になってきているので、仕方ないから書くことにしました。
マジで自主性に託けて誰も(特に今までブログ書いたことない人が)やらないんじゃ強制になってしまうので注意してくださいね。
一応、3時間限定の記事がありましたけどね(笑)

あと、もう何したかほとんど覚えてないので、みなさんの忌憚なき情報提供(特に写真)をお願いしますm(_ _)m


場所は奥多摩。山梨との噂もあるけど、真実は最後まで分からなかった。

奥多摩駅に集合。私は1時間前に着きました。将来、社畜になっても安心だ。
ただ、ひたすら暇だったけど。
一人旅だったら他の人についていくとか平気でやっちゃうんだけど…

バスで約1時間の旅。
何でもサッカーをやるためらしいです。ポケモンサークルのくせに誰がそんなこと言ったのか。

バスの中ではポケモン、しかも主にシングルの話をしてました。
私にしては珍しい。

宿に到着。なかなかいい感じ( ・∀・)

そこからすぐにサッカー。
時間はちょうど正午。頭おかしい。サッカー部ですら今どき朝や夕方を選ぶというのに…
まあ、高校球児の気持ちが分かりますね((
そういえば、前橋育英のみなさん、初出場初優勝おめでとうございます><
出生地が群馬ということもあって、地元長野と並んでこっそり応援してました。
夏の「熱さ」が伝わってきました!

サッカーに戻ります。
私はバイエルン・ミュンヘン所属でドイツ代表のトーマス・ミュラー(私と誕生日が同じ9月13日!)のレプリカユニフォームを着ていこうかと思ったけど、ドイツ代表のユニフォームは白。砂で汚れそうだったのでやめました()
そういえば、バイエルンはペップ・グアルディオラが就任しましたね。
基本フォーメーションはキーパーがノイアー、4バックがダンテ、ハビ・マルティネス、ラーム、アラバ、中央は底にシュヴァインシュタイガー、その前にゲッツェ、クロース、サイドにリベリとロッベン、トップにミュラーらしいですね。
でも、個人的にはミュラーのセンターフォワードはあくまでオプションの一つとして、基本はマンジュキッチをトップで使ってもらいたいですね。今のところ好調みたいだし、楽しみだなー( ・∀・)

あと、個人的にはマヌエル・ペジェグリーニが就任したマンチェスター・シティにも注目しているのです。
彼のサッカーは(以下略)。


話が脱線してしまいました。申し訳ございません。再発防止に努めます。

サッカーといっても、私はもともとろくに走らずジョギングしかしないつもりだったし、直後にあるBBQのための腹ごなしって感じで進みました。
一応、ピルロをイメージしてプレーしました。
今やベテランの域に入ったピルロですが、ACミラン在籍当時のピルロはまさにフットボール界に革新を起こしました。ピルロはパスセンスに恵まれ、ファンタジスタの素質を持ちながらも線が細く、インコントリスタの激しい当たりに苦労していたのですが、自らトレクァルティスタから中盤の底へと移ることを決めました。当時は攻撃的な選手が中盤の底へ入るのは珍しいことだったのです。それが世界最高のレジスタ、そして、カカ、ガットゥーゾ、セードルフとのカルテットを生みました。
彼は「ピルロ・システム」のキーマンとしてどのチームにいても代えのきかない選手となり、それがどのチームにとっても強み(天才パサーの存在)であり懸念(実質控えがいない)でもありました。
ユヴェントスの選手としてはまだまだ現役ですが、ブラジルワールドカップがイタリア代表としては最後の試合になるようです。有終の美を飾ってもらいたいところですね。

また脱線してしまいました。申し訳ございません。しかし、一流企業でも再発防止できないのに、一般大学生がそんな難しいことできるわけもないので見逃してくださいね><

もう、サッカーの話は私が騒ぐだけなのでやめましょう。

強いて感想を言うなら、タバコは怖いなーと思いましたまる
みなさんも、ほんのちょっとした運動でも息切れしちゃうみたいなので、肺にヤニを入れるのは止めた方がいいですよ^^
他山の石ってやつです。


さて、軽く運動した後はBBQでおなかを満たすことに。

BBQといえば、火を起こせるのかどうかということですが、ちょっと努力してる風にした後はすべて宿の方にお任せしました。
実際、これが一番だと思います。
できないのに無理して「自分がやらなければいけない」と思い込んでやっても失敗することがほとんどですからね。素直に他人の力を借りることも自分で成し遂げることと同じくらい大切なことなのです。

で、火が起こったわけですが、なんか知らんけど食べ物の量が多かった。
ゲームサークルの食べる量じゃなかったです。

でも、なんとかがんばって食べました。私も努力の末、1食分は食べました。



ここから先、何したかガチでほとんど覚えてません。

個人的な思い出としては、温泉まで後輩2人と3人で歩いて行った(参加者10人に対して車に一度に乗れるのは7人まで。5人ずつにという案もあったのに…)のはいいけど、道筋知らない、連絡手段ない、おまけに温泉の名前すら知らないという無計画の旅とか、一人さっさと寝たこと、あと2日目は朝なんか早く目覚めてジョギングしたことと私はやってないけど最強決定戦の予選消化(身内同士の対戦)、ボンバーマン面白かった(クラウン取るやつが特に印象に残ってる)くらいしか覚えてないです。


ひとまず最後の感想を言うなら、酒は自分で選ぶべきだと思いました。
宅飲みとかでも、自分で選ばないと大抵は私が飲めないもの(発泡性飲料全般。ソフトドリンクでも炭酸とかまったく飲めないです)になってしまうので…;;
別の合宿でも酒の買い出しは他の人が担当することになっているので、その合宿でも私は酒を飲めずに終わることでしょう。悲しい。
あと、合宿というよりはサークルの時間が何倍にもなったという印象でしたね。もうちょっと何か(オブラートに包んでいます)あってもよかったかな(笑)


あとは、みなさんで思い出を書き足してください。ここからはフリースペースです。
もちろん、サッカーやバーベキューとかについて他に書きたいことある場合でも遠慮なく書いてくださいね。
もう誰でも好きに(書き方とか文体とかテキトーでOK)編集してください。写真がある方は写真をテキトーに貼り付けとけば文章書かなくてもそれなりに貢献したことになるので…

というわけで、記憶がないことからサッカーの話で文字数を稼いでしまいそうなので、れいなさんはこの辺で御暇します。さようなら。

ここからフリースペース
↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト