サークル内大会

冬合宿シングル大会結果報告+α

スポンサーサイト

12月大会報告

アローラ!1年副代表のcherryです。今回は12月の月一大会で優勝したため、その報告をしたいと思います。



今回はサンムーン発売以来、多摩ポケ内では初めての月一大会でした。ルールは大爆発を覚えたポケモン1体、戦闘用ポケモン3体を手持ちに加え、大爆発2体+戦闘用1体を選出。大爆発を覚えたポケモンを最初に出し、爆発させる。その後2体目も爆破。そしてお互い残った最後のポケモンでバトルをおこなう、というものです。



要は1対1ですね。サンムーン発売からまだ1か月しか経っておらず、6体ものポケモンを厳選、育成するのは厳しい方もいるため、3体のポケモンだけしかまともに使わないこのようなルールにしたそうです。




さて、ルールの説明が終わったところで、今回私が使用したパーティを紹介したいと思います。



パーティを紹介するにあたり、今まで月一大会について書かれた先輩方は使ったポケモンを絵で表しているということで、今回私もお絵かきに挑戦したいと思います。


12月大会 ダンゴロ
ダンゴロ(NN:リアじゅう)あかいいと Lv.25
ひかえめ 適当振り
技:大爆発
大爆発用ポケモンその①。ただ散っていくのもかわいそうなので、今回入手難易度が高いと言われているあかいいとを持たせてみました。特に深い意味はないです。いやマジで。ニックネームとかレベルとかも適当に設定しただけです。はい。
先ほども言ったように大爆発するだけのポケモンなのであまり言うことはありませんが、相手の大爆発要員のナッシーと対面したときに特性の「おみとおし」で「ダンゴロのあかいいとをお見通しだ!」となったのが個人的には面白かったです。


12月大会 シルヴァディ

シルヴァディ@ヨプの実
なまいき 適当振り
技:大爆発
大爆発用ポケモンその②。なつき度を上げる=トレーナーとの信頼を築くことで進化したポケモンであったはずなのに、その信頼したトレーナーから大爆発を強要される姿は見ていて不憫でした。持ち物は適当です。
正直ダンゴロより影が薄い…





12月大会 メタグロス
メタグロス@メタグロスナイト
いじっぱり HAぶっぱ 残りはB
じしん 思念の頭突き コメットパンチ バレットパンチ
功績…思念でひるませた後次の思念を急所に当てグソクムシャを突破。
メガメタグロスとして使うのであれば普通陽気ASでは?と思われた方もいるかと思います。実はこのメタグロス、元はチョッキを持たせるつもりだったのですが、ラプラスの持ち物がチョッキ以外に思いつかず、さらにメガ枠もいなかったため、チョッキ用の個体をそのまま使用しました。(新たに育成するには時間が足りなかった)
この性格と振り方ではガブを抜けないことはおろか、ミミッキュにも抜かれてしまい(一応シャドクロを2回耐え、バレパンからのコメパンを決めたため勝つには勝った)、Sに振らずHに振ったのは失敗…とおもっていたが、なんとオニシズクモの水Zを耐えることに成功。ASメガメタグロスはそれで落ちたんだとか。





12月大会 ラプラス
ラプラス@とつげきチョッキ
ひかえめ HCぶっぱ あとはD
こおりのつぶて 冷凍ビーム ハイドロポンプ 絶対零度
功績…テテフのサイキネを二発耐えつつドロポンを二発当て突破。
なんとドロポンをすべて当てました。ライドポケモンに採用されて喜んでいるのでしょうかね。Hがかなりあり、Dも十分にあるためチョッキを持たせることで相当硬くなります。催眠メガゲンガーにはなすすべなく散っていった。




12月大会 コータス
コータス@ホノオZ
れいせい HC全開 残りB
火炎放射 じわれ あくび クリアスモッグ
功績…相手のメガグロスの思念をかわしZ火炎放射で落とす。
ひでりを新たに修得したポケモン。ポリ2をあくびで眠らせ、放射からのZ放射で落とすという活躍を披露。Bが高いのでハッサムやテッカグヤに対して出すつもりでもってきました。




トーナメント表

ちなみに今回の対戦表です。私は10戦7勝3敗、勝率70%という成績でした。
…毎回月一大会には参加しているものの、そこまで成績は良くなく、優勝まではかなり遠いという感じだったので、今回の成績はかなり嬉しく、喜んでいます。




さて、ここまで読んでくれた皆さん、本当にありがとうございました!またブログを書く機会があればお会いしましょう!


ではまた!

11月大会


???「私の魔法にひれ伏しなさい!」
C_101334020.png

どうも、最近某スマホゲームに嵌まりすぎて単位取得が危ぶまれているにわとり改めにクサスです。
先日の月一大会で優勝することができたので、その報告をしたいと思います。

夏合宿大会 シンオウダービードラフトマルチ

みなさん、こんにちは。
久しぶりにブログを書くことになってしまった代表のクラウンです。
8/3~8/5の日程で夏合宿に行ってきました。(合宿の全容は前の記事をご覧ください)
そこで、毎年恒例のドラフトマルチ大会を行いました。

ルールはシンオウダービーという公式大会から拝借させていただきました。
簡単に言うと、カントーからシンオウ地方までのポケモン(カイリュー、バンギラス、ヒードランを除く)の中でドラフトをして、マルチバトルをするというものです。

ドラフトは1位から4位までで選択されたポケモンを他のチームが使うことはできません。
今回はA~Fの6チームに分かれて対戦しました。
各チームが獲得した4体を書いていきます。

A ニョロトノ ドーブル メタグロス ライコウ
B クレセリア サンダー スイクン ハリテヤマ
C トゲキッス ハッサム ドサイドン カメックス
D マリルリ クロバット ガラガラ ファイアー
E ユキノオー ゴウカザル ガブリアス ウォッシュロトム
F ルンパッパ マニューラ ヤミラミ トリトドン

選択した4体に自由枠4体を加えて、4体から3体を選出してマルチを行いました。

僕はAチームだったのですが、選択した4体にかなり満足していました。
ニョロトノ、ドーブルともに相手の選出を縛ることが出来るからです。
また、雨と相性のいいメタグロスを獲得できたのも大きかったと思います。
ここで自由枠も含めた8体の型を紹介します。

ニョロトノ 湿った岩 冷静HCベース 熱湯 冷凍ビーム 手助け 守る
冷静にしたのはトリル展開が無理だったからです。(あまり意味はなかった。)

ドーブル こだわりスカーフ 臆病HS ダークホール 猫だまし この指とまれ ファストガード
ダークホールうつだけの機械でした。(この指もしたけど)

メタグロス 突撃チョッキ 意地っ張りHAベース コメットパンチ バレットパンチ 思念のずつき アームハンマー
すごく活躍しました。技を外すこともなく完璧な働きぶりでした。

ライコウ 命の玉 臆病CS 10万ボルト めざめるパワー氷 バークアウト 守る
最後に出てきて試合を終わらせてました。(あんまり活躍してない)

キングドラ ラムの実 控えめCS 濁流 流星群 ハイドロポンプ 守る
雨エース 思ったより火力がありませんでした。電磁波で止めてくると予想してラムにしました。
濁流で命中率を下げて流星群を躱す神プレイでうちの最強さんを発狂させていました。

フリーザー オボンの実 控えめHCベース フリーズドライ 暴風 追い風 守る
個人的にMVPだと思ってます。雨のきついルンパッパやトリトドン、ユキノオーに強いと思って採用しました。
追い風でメタグロスのサポートしたりとかなり頑張ってくれました。(一番は岩雪崩を躱したこと)

カポエラー こぶしのプレート 慎重HDベース 猫だまし フェイント インファイト ワイドガード
器用貧乏になってしまった感。 でも出した試合は活躍してました。

フシギバナ きあいのたすき 臆病CS 眠り粉 ギガドレイン ヘドロ爆弾 守る
一応晴れパがいるかもと思って葉緑素。実は機能してました。

パーティーがしっかりしていたので4勝1敗で優勝することが出来ました。(Cとの対戦はズルして勝ちました。ごめんなさい。)

マルチが楽しかったので、ポケモンモチベが上がりました。これからはダブルもやろうと思います。


 

6月大会結果報告(バトルオブホウエン)

初めまして。今回初めてブログを書かせていただく、多摩ポケ2年のそよかぜといいます。

毎月開かれている月1大会で優勝したので、その結果報告をしようと思います。




今回のルールは、「先月ジョウトやったしホウエンでよくね?」とかなり適当に決まりました。

バトルオブホウエンは、

・シングルバトル
・使えるポケモンがホウエン図鑑に載っているポケモンのみ(カイオーガ、グラードン、レックウザ、ジラーチ、デオキシスは除く)
・メガシンカあり
・過去作なし(サークル内大会ではORAS再現可能な個体ならカロスマークなくても可)

というルールで、参加人数の2/3以上の人と対戦を行った人の中で勝率を競うというものでした。

1年以上も前に行われたインターネット大会のルールのためかサークル員のモチべが低そうに見受けられ、参加者が揃うか心配でしたが、最終的な参加人数は13人と、このサークルにしては比較的多くの人が参加してくれたのではないでしょうか。





今回11勝1敗で優勝した私が使った構築がこちらです。

メガクチート
クチート@クチートナイト
じゃれつく 不意打ち 叩き落とす 剣の舞

ラティアス
ラティアス@防塵ゴーグル
サイコキネシス エナジーボール 電磁波 癒しの願い

メガライボルト
ライボルト@ライボルトナイト
10万ボルト ボルトチェンジ オーバーヒート めざめるパワー氷

ギャラドス
ギャラドス@ゴツゴツメット
滝登り 氷の牙 電磁波 挑発

キノガッサ
キノガッサ@気合の襷
タネマシンガン マッハパンチ 岩石封じ キノコの胞子

ドサイドン
ドサイドン@突撃チョッキ
地震 ロックブラスト 冷凍パンチ †つのドリル†




実はこのルール、攻撃面ではバシャーモやボーマンダ、サーナイトといった普段のシングルレート環境でも受けづらい高火力ポケモンが揃っているにもかかわらず、それらを指数受けできるポケモンがおらず、ファイアローやボルトロスのような汎用性の高いストッパーもいないため、エースポケモンを止めることができません。とんだ欠陥ルール

そこで私は癒しの願いでエースの行動回数を増やすことが出来るラティクチ、受けが困難な相手のエースを威嚇サイクルによって無理やり流すことのできるライボギャラという2つの並びが強そうだと思いここの構築に至りました。

実際は思ったよりバシャーモが少なく、ボーマンダやサーナイトを軸としたパーティが多く見受けられ、クチートがとても動かしやすかったです。




前回のジョウトや今回のホウエンのようなルールも私は面白かったですが、こういった制限ルールだと新規育成が面倒とか厳選が間に合わないとかで参加できない人たちがいて残念に思ったので、たまには普通のルールでの大会も開きたいものですね。

ちなみに私はこういう大会のためだけにパーティ全部新規育成したり準伝厳選したりするぐらい厳選大好きマンです><





ここまで読んでいただいてありがとうございます。

勝てるポケモンはとても楽しかったので、次の大会でも頑張りたいと思います^-^